【NY在住者が解説】メトロポリタン美術館の見どころ・混雑状況・注意点

この記事では、世界最大級の美術館 The Metropolitan Museum of Art”(メトロポリタン美術館=通称 the MET)について、アクセス見どころチケットの取り方などの基本的な事柄のほか、

  • 持ち込めないもの
  • 混雑状況
  • 入館したらまずやること 重要!!
  • レストラン

など、ニューヨーク在住で年パスを持ち、何度もMETを訪れている筆者ならではの目線で書いていきます。

mint
離乳食は持ち込みOK?など子連れ向け情報も。

アクセスと入口

メトロポリタン美術館は、セントラルパークの内部、東側の 80th St ~ 84th St にあります。

最寄り駅は地下鉄4,5,6ラインの 86 St 駅

mint
バリアフリー駅なので、ベビーカーや車椅子で訪れる場合も安心です。

≫NY地下鉄についての関連記事
【画像解説】ニューヨーク地下鉄の乗り方と間違えやすいポイント
ベビーカーでニューヨーク地下鉄に乗るためのTIPS

メトロポリタン美術館の正面入口はこちら。

the MET 正面入り口

この階段は、ドラマ “ゴシップガール” でブレア達の溜まり場として度々登場していた有名スポット。

ベビーカー・車椅子対応の入口は、階段を上らずに向かって左にあります。

the MET バリアフリー入口
バリアフリー対応の入口

開館時間は10:00~17:00(金曜日・土曜日は~21:00)毎週水曜日は定休日です。

混雑状況

メトロポリタン美術館はよく入場列ができていますが、混雑はそれほどではありません。

たとえば、夏休み(7月)の平日に訪れた際には、11時頃に到着し15分ほど並びました。また、11月の感謝祭休暇中(祝日)に訪れた際は、同じく11時頃に到着して10分ほど並びました。

mint
ちなみに正門よりもバリアフリー対応入口の方が空いています。

見学中は、館内がとても広いので、たくさんの人が訪れていても混雑しすぎていて困るということはありません。

屋上へのエレベーター(後述)は長蛇の列になりがちなので、午前中や夕方などがおすすめ。

持ち込めない物

貴重なコレクションを守るため、館内へ持ち込みできる物には厳しいルールがあり、入館前に空港のようなセキュリティチェックを通ります。

詳しくは公式サイトのVisitor Guidelinesに記載がありますが、多くの方に関係しそうな点を簡単にまとめると…

  • 大きなバッグや荷物は持ち込み不可(スーツケース等注意)
  • リュックは小さなもののみ可。背負わず、体の前にかけること。
  • 水以外の飲食物の持ち込み不可
  • ベビーカーは特大サイズを除き可
  • 抱っこ紐は可

子連れinfo

水以外の飲食物は不可ということなので、離乳食は?と問い合わせたところ以下のように返信がありました。

the MET に離乳食は持ち込める?

離乳食は、明確に記された容器(元々のパッケージのまま等)に入れてお持ちください。ギャラリー内では、持ち込まれたものの飲食は禁止となっておりますので、お食事を与える際はG階”ウリス・エデュケーション・センター”の後方にある廊下をご利用ください。

mint
持ち込み方と与える場所に気を付ければ、離乳食の持ち込みはOKなんですね。私達はGerberのベビーフードを持っていき、問題なくセキュリティを通過することができました。

チケットと料金

公式サイトの”Buy tickets”からオンライン購入できます。

Location の選択肢が出るので、”The Met Fifth Avenue” の方を選びます。

mint
“The Met Cloisters” はマンハッタン北部にある別館なので注意。

もしくは当日、カウンター自動券売機でチケットを買うこともできます。

the METの自動券売機
自動券売機

料金表(2024年4月現在)

大人(12~64歳)$30
シニア(65歳以上)$22
学生※要ID$17
子供(12歳未満)無料

NY在住者、NY, NJ, CTの学生は、自分でチケットの値段を決められます(極端な話、$1でもOK)。チケットカウンターのみ対応。住所を証明できるIDが必要です。

また、NY在住者はカルチャーパスやIDNYCのメンバーシップ特典を利用することで無料で入場できます。

the METの会員デスク
Members Services カウンター

重要!最初に必ずこれをやろう

ゴッホ展など、人気な一部の期間限定展示は、ウェイティングリストに登録して順番待ちをしなくてはなりません。

ウェイティングリストは、ギャラリーそばのスタッフさんが持っている看板のQRコードをスマホで読み込むことでアクセスできます。

the METの期間限定展示ウェイティングリスト
スクリーンショット
限定ギャラリーの位置は、”公式サイト > Exhibitions and Events > Exhibitions” でギャラリー番号を確認し、マップを参照します。
私が最初に訪れた際には、ギャラリーの前に着いたときに初めてウェイティングリストの存在を知り、慌てて登録しようとするも全て埋まってしまっていて見られず…という苦い経験をしました。
mint
早い者勝ちなので、入館したらまずこれをやるべし。

展示と見どころ

館内はとても広く、300万点もの美術品があります。

見学に必須のマップは、インフォメーションチケットカウンターで入手できます。

人気の“European Paintings”(ヨーロッパ絵画)のギャラリーは2階中央奥です。

しかし、時期によっては館内の一部エリアが閉鎖されて別の場所に展示品が移されています。これは頻繁にあるので、マップを要確認。

mint
マップで斜線になっているギャラリーは閉鎖中です。
ゴッホの自画像
ゴッホの自画像

また、絵画のみならず、実物の展示もたくさんあります。

デンドゥール神殿
デンドゥール神殿

1階”Modern and Contemporary Art”横のエレベーターからは、屋上のルーフガーデンに上がることができます。バーではアルコール類の提供もあります。

the MET ルーフガーデン

mint
セントラルパーク越しに眺めるマンハッタンの高層ビル群がとてもきれい。是非訪れてみてください。

レストラン

館内のレストラン一覧とメニューはこちら(公式サイト)

The Met Dining Room は高級レストラン。

Balcony Lounge は落ち着いた雰囲気です。

The Eatery (GF)

こちらはカジュアルなフードコート。

ピザ、肉、寿司、サンドイッチ、パンなどを、カウンターで注文するかセルフサービスでトレイに乗せ、中央レジでまとめて会計するシステムです。

The Eateryメニュー
メニュー
The Eatery の食事
ホットドッグとピザ

子連れ情報

賑やかで気兼ねしない雰囲気で、子連れにおすすめ。ハイチェアもありました。ベビーカーをテーブルに横づけ可能。

Petrie Court Cafe (1F)

Petrie Court Cafe - the MET

パンやタルト、スナックなど軽食中心。こちらも気軽に利用できます。昼過ぎは席が空いていないことも多い。

所要時間

メトロポリタン美術館は、絵画だけでなく彫刻、遺跡、家具など幅広いコレクションがあり、ゆっくり見ていると一日では見終わらないほど。

mint
最初に訪れた際には、急ぎ足で見ても、全部回るのに(昼食含め)5時間かかりました。
関連記事

この記事では、ニューヨークの人気観光スポットである "The Museum of Modern Art"(ニューヨーク近代美術館=通称MoMA)の年間会員で、実際に何度も足を運んでいる筆者が チケットと料金 混雑状況 見どころ[…]

関連記事

ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区のアッパー・ウエスト・サイドにある"American Museum of Natural History"(ニューヨーク自然史博物館)は、映画『ナイトミュージアム』(原題:Night at the […]

子連れMET

絵が多めのMoMAに比べて、コレクションの幅が広いMETの方が子どもが退屈しなくて良いかも。

人がとても多くて、みんな普通に会話しながら見学しているので、乳幼児連れでも問題なく見学できます。騒いだりふざけたりしなければ大丈夫。

トイレがそもそも少ないのと、おむつ替え台が本当にただの台(ベルトがない・硬い)なので、おむつ替えや、トイトレ中の幼児はややハードな感じ。

mint
エリアによっては、近くにトイレが全く無かったりする。特に2階はトイレが少ないので注意。

ベビーカーについては、館内は一部を除きバリアフリー対応されていますが、エリア移動の際に少し段差があったりして、エレベーターを使うと結構遠回りになります。

たとえば、2階中央部から”Asian Art”のエリアに入るには階段がありますが、ここを通過するには、一度エレベーターで1階に降りて、”Egyptian Art”の中を通り、またエレベーターで2階に上がると、”Asian Art”の中央あたりに着く…というような感じです。

mint
わかりにくい迂回路についてはマップに注釈があります。

少し不便な点はありますが、子連れでも問題なく観光できるスポットと言えると思います。

また、2023年9月、同館内に子供向けプレイエリア “81st Street Studio” がオープン。

小さな子供を連れての観光がますます簡単に、そして楽しくなりました。

関連記事

2023年9月、メトロポリタン美術館(The MET)に81st Street Studioという子供向けエリアがオープンしました。マンハッタンではとても貴重な屋内プレイエリア。行ったときのことをレポしていきます。mintME[…]

ニューヨーク市内の美術館・博物館

MoMA(ニューヨーク近代美術館)の見どころ・混雑状況
アメリカ自然史博物館の見どころ・混雑・レストラン
【ニューヨーク市立博物館】周辺の治安は要注意。静かで美しい博物館

\他にも色々書いています/

ニューヨーク生活の呟き