ベビーカーでニューヨーク地下鉄に乗る際に気を付けるべきこと

地下鉄はニューヨーク市内の移動にとても便利です。

しかし、東京と比べてあまりバリアフリー化が進んでおらず、エレベーターのない駅がまだたくさんあります。

mint
ベビーカーでは利用しにくいことも…

そこでこの記事では、普段よくベビーカーでニューヨーク地下鉄に乗っている私が

  • バリアフリー路線図
  • バリアフリー経路の探し方
  • ベビーカーで改札を通る方法
  • ベビーカーで電車に乗るとき注意したいこと

について書いていきます。

バリアフリー路線図

MTA(ニューヨーク州都市交通局)の公式サイトに、バリアフリー対応駅がわかりやすく判別できる路線図=”Accessible Stations Subway Map”が載っており、ベビーカーや車椅子で移動するときの参考になります。

出典:MTA

駅名が青枠で囲まれている駅は、バリアフリー対応駅です。グレーの文字の駅は非対応。

mint
エレベーターなしの駅の方が多いですね。

バリアフリー経路の調べ方

地下鉄の経路検索はGoogle Mapが便利なのですが、普通に検索すると最適経路(安い・早い・乗り換え回数が少ない)が表示されてしまいます。

Google Map 最適経路

mint
階段しかない駅かも…

そこで、「オプション」(Option)をタップして、「階段やエスカレーターを使わない」(Avoid stairs & escalators)に設定を変更。

ベビーカーで電車に乗るときのマップの設定

すると、徒歩とエレベーターのみで利用できる経路が表示されます。

Google Map バリアフリー経路

このように事前に調べておくのがおすすめです。

ベビーカーで電車に乗る方法

基本的な乗車方法についてはこちらの記事に書いています。
▶関連記事:【画像解説】ニューヨーク地下鉄の乗り方と間違えやすいポイント

入口~改札

バリアフリー対応(Accessible)駅でも、すべての入口にエレベーターがあるわけではありません。階段のみの入口では、このように

ニューヨーク地下鉄のバリアフリー対応駅

“Elevator across 49 St”(エレベーターは49ストリートを挟んで向かい側にあります)等とエレベーターの場所が表示されているので、これを頼りにエレベーターを探します。

改札の通り方

ニューヨーク地下鉄の改札は、このように回転式のバーがあり、幅が狭くベビーカーに子供を乗せた状態では絶対に通れません。

ニューヨーク地下鉄入り口

しかし、バリアフリー対応駅には自動ゲート改札があり、横のOMNYリーダーを使うとドアが自動で開いてベビーカーでも通れるようになっています。▶OMNYについてはこちら

ニューヨーク地下鉄のベビーカー用改札

また、バリアフリー駅でも、この自動ゲートがない改札もあります。

そういう場合は、駅員さんや連れの人に非常ドアを開けてもらって通ったり、ベビーカーを外に置いて自分だけ中に入り非常ドアを開けてベビーカーを中に入れたりできなくもないのですが…

NY地下鉄の非常ドア

それをしてしまうと、改札を入った先でエレベーターがなくてホームに降りられず結果的に困るので、自動ゲートがある別の改札を探して通る方が後々のためにも良いです(バリアフリ―駅なら必ずどこかにあります)

バリアフリー対応改札から中に入れば、ホームへのエレベーターを見つけられるはず。

ちなみに、非バリアフリー駅を使う場合は、上記の非常ドアを使う方法で改札を通ることになります。

降車~改札

電車から降りたら、エレベーターで改札階へ。

エレベーターの位置は看板を辿れば簡単にわかります。

NY地下鉄のエレベーター

NY地下鉄のエレベーター案内

改札を出る~地上へ

“Elevator to Street”の表示に従って進み

NY地下鉄の出口改札

自動ドアを見つけたら、OMNYリーダーにカードやスマホをタッチすれば改札外に出ることができます。

NY地下鉄のベビーカー対応出口

ここでも非常ドアを使って改札から出ることもできますが、その先で地上に出るエレベーターがなくて困ったりするので、バリアフリー駅ではこの自動ドアから出た方が良いです(そうすれば地上へのエレベーターが必ずあるはず)

看板の表示に従って進み、エレベーターで地上へ。

NY地下鉄お疲れ様でした!

まとめ

以上、ニューヨーク地下鉄にベビーカーで乗車する際のポイントでした。

まずGoogle Mapでバリアフリー経路を調べる。そして実際に乗るときは、車椅子マークを追っていけば基本的には大丈夫。

非常ドアで改札を出入りすると、たとえバリアフリー駅であってもその先にエレベーターがあるとは限らない点に要注意です。

mint
バリアフリー駅では自動ドア改札を使おう。
また、バリアフリー経路を使っていても、工事や点検などでエレベーターが動いていないこともあります。
バリアフリー経路で移動するときでも、念のため抱っこ紐を持って行くのがおすすめ。

バスについてはこちら

ニューヨークのバスではベビーカーを畳むのがルール|対応バス増加中

もっとニューヨークを楽しむために

ガイドブック

ニューヨークを観光するなら、るるぶ地球の歩き方など、ガイドブックを1冊は持っておくのがおすすめ。

特に美術館や博物館では、それぞれの作品の背景を知っているとより見学が楽しめます。

NEWS

現在、Amazon Kindle Unlimited『るるぶニューヨーク’24』の電子書籍が読み放題の対象となっていてチャンス。

Amazon Kindle Unlimitedは月額980円ですが、はじめの30日間は無料で体験できます。

mint
つまり、無料体験を利用することでガイドブックが無料で読めちゃいます。
  1. 公式サイトにアクセス
  2. 「登録して30日間の無料体験を始める」をタップ
  3. 支払い方法を選んで登録

30日以内に解約すれば料金はかかりません。

mint
私はガイドブックは電子書籍派です。無駄な荷物が増えず、旅行にぴったり。

アメリカでスマホを使うなら

アメリカで手軽にスマホを使いたい方には、JAPAN &GLOBALeSIMがおすすめ。

eSIMなので、面倒な受け取りや返却は一切不要

メールで送られてくるQRコードをスキャンするだけで簡単に設定することができます。

また、

  • データ通信量利用日数自由に決められる
  • 旅行中でもデータ量が足りなくなったら途中で補充できる

などフレキシブルな対応が可能。

eSIMフリーの対応スマホを持っていれば誰でも使えます。対応端末のチェックはこちら

家族など複数人で旅行をする場合や、パソコン・タブレット・スマホなど利用端末が多い場合は、Wi-Fiルーターレンタルの方が料金を安く抑えられることも。

アメリカ専門レンタルWiFiのグローバルモバイル は、通信量無制限・最大10台の同時接続が可能です。

チケット・現地ツアー予約に便利なサイト

コロナ禍以降、ニューヨークのチケット予約はオンラインが主流に。事前予約必須の観光スポットも多くなりました。

海外オプショナルツアー専門サイトKKday では

  • 観光スポットのチケット
  • 現地ツアー

日本語で簡単に検索・予約・クレジットカード購入できます。

mint
1つIDを作るだけでまとめて予約できるのも便利。

人気の観光スポットではチケットが売り切れてしまうことも多いので、早めの予約がおすすめです。

mint
予めチケットを購入しておくことで、長い列に並ぶ必要もなく、限られた時間を有効に使えるメリットも。



ホテルをお得に予約しよう

ホテル宿泊旅行の楽しみのひとつ。

多くの時間を過ごすことになるホテルでは、なるべく快適に過ごしたいですよね。

私はいつも旅行サイトで価格や口コミを比較検討して予約しています。

CM等でおなじみのエアトリは、

  • 地域内のホテルを地図価格順で簡単に探せる
  • 希望条件で絞り込みができる
  • 利用者の口コミを閲覧できる
  • 最安プランを表示してくれる
  • もちろん日本語対応

と、最適なホテルを選ぶ上でとても便利です◎




海外旅行保険

アメリカの医療費は非常に高額になることも。

たとえばニューヨークでは、1泊入院して100万円以上の請求がきた友人もいます。

急な病気や怪我などで治療が必要になったときのために、旅行保険への加入はマスト。

mint
私も旅行の際には必ず加入しています。
旅行保険が付帯しているクレジットカードを利用するのも◎

エポスカード 海外旅行傷害保険の補償内容が充実していておすすめです。

\他にも色々書いています/

ニューヨーク生活の呟き