NYハイライン徹底解説 – アクセス・見どころ・フォトスポット

ニューヨークの観光スポットとして大人気のハイライン(The High Line)は、古い高架線を再開発して造られた緑豊かな散策コースです。この記事では、歴史やアクセス方法から見どころまで、ハイラインを楽しむための情報をお届けします。

ハイラインとは

ハイラインは、もともと貨物鉄道の高架線として1934年に建設されました。しかし、トラック輸送の普及により需要が減少、1980年には廃線となり、放置された高架線は荒廃していきました。

2009年、著名な建築家やデザイナーの協力を得て公園として再生したハイラインは、その後も段階的に整備が進められ、現在では全長2.33kmにわたる都市型公園として、年間数百万人の訪問者を迎えています。

美しい緑、かつての線路跡、そしてハドソン川やニューヨークの街並みを楽しみながら散歩ができる人気の観光スポットです。

アクセス

地図

ハイラインはGansevoort St.(ガンゼボート・ストリート)から34th St.(34ストリート)まで、10Ave.(10番街)に沿って南北に伸びており、ルートの所々にアクセスポイントがあります。

ハイラインの地図
ハイラインの地図

入口

ハイラインはどこからでも入ったり出たりすることができ、入場料は無料です。

人気のルートは南端から北端へ向かうコースで、最南端のGansevoort St.(ガンゼボート・ストリート)とWashington St.(ワシントン・ストリート)の交差点にある入口を上って入ります。

ホイットニー美術館のすぐ隣です。エレベーターと階段があります。
ハイラインの入口
ハイラインの入口外観

公共交通機関

上記の入口へは、地下鉄を利用する場合、A/C/Eラインの14 St(14ストリート)駅、またはLラインの8 Av(8アベニュー)駅が最寄り駅となります。これらの駅からは徒歩10分程度でハイラインにアクセスでき、道中にはチェルシーマーケットやその他の観光スポットも点在しています。

バスを利用する場合は、M11やM12バスがハイライン沿いを通過し、便利です。

関連記事

【在住者が解説】ニューヨーク地下鉄の乗り方と間違えやすいポイント

観光の流れと見どころ

残されている線路跡や

ハイラインに残る線路跡

ニューヨークの街並みの中に見えるアートを楽しみながら歩きましょう。

ハイラインから見えるパブリックアート

ハイラインでは、いくつかのルールがあり、

ハイラインのルール

タバコ、自転車、ペット、スケートボード、スケート、スクーター、アルコールが禁止となっています。

開園は7時、閉園は22時(日曜日は20時)です。”閉園15~30分前までには帰り始めるように”と書かれています

Standard Hotel

入ってすぐ見つけることができる、Standard Hotel(スタンダード・ホテル)は、ハイラインをまたぐように建っています。

20階建てのこのホテルは、すべての客室に床から天井までの窓が備えられており、見上げると宿泊客の姿が見えることも。

スタンダードホテル

mint
実際に宿泊することも可能!

Chelsea Market

15th St.(15ストリート)と16th St.(16ストリート)の間にあるChelsea Market(チェルシー・マーケット)は、グルメスポットとして人気です。ここでは、地元のフードやコーヒーを楽しむことができます。

Chelsea Market

10th Avenue Square

10th Avenue Square

10th Avenue Square(10アヴェニュー広場)は、ハイラインの中でも特に人気のあるビューポイントです。正面がガラス張りの階段状の広場には、ベンチが多く設置されており、座ってゆったりと景色を楽しむことができます。また、後方のニューヨーク港には、自由の女神が小さく見えます。

Falcone Flyover

Falcone Flyover

廃墟をイメージした草花が植えられています。

付近にはベンチや座れる場所も多く、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

Hudson Yards

ハイライン北端のフォトスポット

ハイラインの北端、Hudson Yards(ハドソンヤード)前では、ハドソン川に向かって伸びる線路跡の上に立って写真撮影をすることが可能です。

mint
絶好のフォトジェニックスポット!
ここからはMTA(ニューヨーク交通局)の車両基地が見え、ずらりと電車が並んでいます。
MTA車両基地

また、ニューヨークの新しいランドマークである「ベッセル」や「エッジ」展望台もすぐ近くにあります。併せて観光してみるのもおすすめ◎

ベッセル
ベッセル

まとめ

ハイラインはニューヨーク市内にありながら、自然の中でリラックスできる場所です。

所要時間は約1時間から1時間半ほどを見込むと良いかと思います。

土日や昼間はやや混雑しますが、入れない・歩けないというほどではなく、問題なく観光が可能です。平日や、早朝・夕方は比較的すいています。

ハイラインの広い歩道はベビーカーでも移動しやすく、子連れでの訪問も安心して楽しむことができます。

周辺の観光スポット

【画像解説】イントレピッド海上航空宇宙博物館の見どころ

ニューヨークの緑を楽しむ

【NY在住者が解説】セントラルパークに何がある?絶景スポットと歩き方

ニューヨークを歩いて楽しむ

ダンボの絶景スポットと歩いて渡るブルックリン橋

もっとニューヨークを楽しむために

ガイドブック

ニューヨークを観光するなら、るるぶ地球の歩き方など、ガイドブックを1冊は持っておくのがおすすめ。

特に美術館や博物館では、それぞれの作品の背景を知っているとより見学が楽しめます。

NEWS

現在、Amazon Kindle Unlimited『るるぶニューヨーク’24』の電子書籍が読み放題の対象となっていてチャンス。

Amazon Kindle Unlimitedは月額980円ですが、はじめの30日間は無料で体験できます。

mint
つまり、無料体験を利用することでガイドブックが無料で読めちゃいます。
  1. 公式サイトにアクセス
  2. 「登録して30日間の無料体験を始める」をタップ
  3. 支払い方法を選んで登録

30日以内に解約すれば料金はかかりません。

mint
私はガイドブックは電子書籍派です。無駄な荷物が増えず、旅行にぴったり。

アメリカでスマホを使うなら

アメリカで手軽にスマホを使いたい方には、JAPAN &GLOBALeSIMがおすすめ。

eSIMなので、面倒な受け取りや返却は一切不要

メールで送られてくるQRコードをスキャンするだけで簡単に設定することができます。

また、

  • データ通信量利用日数自由に決められる
  • 旅行中でもデータ量が足りなくなったら途中で補充できる

などフレキシブルな対応が可能。

eSIMフリーの対応スマホを持っていれば誰でも使えます。対応端末のチェックはこちら

家族など複数人で旅行をする場合や、パソコン・タブレット・スマホなど利用端末が多い場合は、Wi-Fiルーターレンタルの方が料金を安く抑えられることも。

アメリカ専門レンタルWiFiのグローバルモバイル は、通信量無制限・最大10台の同時接続が可能です。

チケット・現地ツアー予約に便利なサイト

コロナ禍以降、ニューヨークのチケット予約はオンラインが主流に。事前予約必須の観光スポットも多くなりました。

海外オプショナルツアー専門サイトKKday では

  • 観光スポットのチケット
  • 現地ツアー

日本語で簡単に検索・予約・クレジットカード購入できます。

mint
1つIDを作るだけでまとめて予約できるのも便利。

人気の観光スポットではチケットが売り切れてしまうことも多いので、早めの予約がおすすめです。

mint
予めチケットを購入しておくことで、長い列に並ぶ必要もなく、限られた時間を有効に使えるメリットも。



ホテルをお得に予約しよう

ホテル宿泊旅行の楽しみのひとつ。

多くの時間を過ごすことになるホテルでは、なるべく快適に過ごしたいですよね。

私はいつも旅行サイトで価格や口コミを比較検討して予約しています。

CM等でおなじみのエアトリは、

  • 地域内のホテルを地図価格順で簡単に探せる
  • 希望条件で絞り込みができる
  • 利用者の口コミを閲覧できる
  • 最安プランを表示してくれる
  • もちろん日本語対応

と、最適なホテルを選ぶ上でとても便利です◎




海外旅行保険

アメリカの医療費は非常に高額になることも。

たとえばニューヨークでは、1泊入院して100万円以上の請求がきた友人もいます。

急な病気や怪我などで治療が必要になったときのために、旅行保険への加入はマスト。

mint
私も旅行の際には必ず加入しています。
旅行保険が付帯しているクレジットカードを利用するのも◎

エポスカード 海外旅行傷害保険の補償内容が充実していておすすめです。

\他にも色々書いています/

ニューヨーク生活の呟き