【ニューヨーク市立博物館】周辺の治安は要注意。静かで美しい博物館

平日の昼間に思い立ちふと、ニューヨーク市立博物館(Museum of the City of New York)に行ってきました。

1923年に設立された歴史ある博物館で、ニューヨーク市の歴史について展示されています。

アクセス

ニューヨーク市立博物館は、マンハッタン5th Ave.(5番街)の、103ストリートと104ストリートの間にあります。

最寄駅
最寄りの103 St 駅は、地下鉄4ラインと6ラインが通っています。
 103 St 駅はバリアフリー駅ではないので、ベビーカーや車椅子の場合は96 St 駅へ。

≫NY地下鉄についての関連記事
【画像解説】ニューヨーク地下鉄の乗り方と間違えやすいポイント
ベビーカーでニューヨーク地下鉄に乗る際に気を付けるべきこと

バス

すぐそばにバス停があり、M1,M2,M3,M4,M106系統が通っています。

治安

セントラルパークの東側は、96ストリート以南はアッパー・イースト・サイドという高級住宅街で治安が良いのですが、ニューヨーク市立博物館のある103~104ストリートはイースト・ハーレムという地区であまり治安が良くありません観光客も少ない場所です。

周辺を歩くときは、豪華な装飾品や高額の現金は持たず、鞄は盗られにくいものを。

mint
私は物乞いの子供達に声をかけられました。

地下鉄96 St 駅を利用する場合は、96 St を西に真っ直ぐ進んで、比較的治安が良い5番街を北上するのが良いと思います。

外観

博物館はセントラルパークを向いて建っています。

ニューヨーク市立博物館の外観

レンガと大理石の建築が美しい。

また、人気ドラマ『ゴシップガール』で、セリーナやブレアが通っている高校『コンスタンスビラード学園』のロケ地でもあります。ファン必見。

子連れinfo

正面入口は階段があるため、ベビーカーや車椅子の場合は104 St.の入口へ。中にエレベーターがあります。

館内はバリアフリーで快適に見て回ることができました。

ニューヨーク市立博物館のバリアフリー入口

料金とチケット

チケットは公式サイトの”Purchase Tickets”から事前にオンライン購入できるほか、当日カウンターで買うこともできます。

2024年5月現在の入館料は下表のとおり。

大人(20~64歳)$20
シニア(65歳以上)※要ID$14
学生 ※要ID$14
子供(~19歳)無料

また、NY在住者はカルチャーパスIDNYCのメンバーシップ特典を利用することで無料で入場できます。

展示

1階では、ニューヨークの昔~今を年代別に振り返ることができます。

New York at Its Core

展示の仕方がモダンでオシャレ。ニューヨーク感。

2階には女性差別や人種差別と闘う市民活動の歴史。

Activist New York

3階はアート&ポップカルチャーの展示。

This Is New York

トイレはこの階と地下1階にあります。

地下1階ではニューヨークの歴史の動画が上映されています。所要時間30分。

子連れinfo

オムツ交換台はただの台(アメリカあるある)

MCNYのおむつ交換台

食事

中央にAmy’s Breadというカフェがあり、パンやドリンクを買うことができます。

Amy's Bread at MCNY

MCNY2階の飲食スペース

飲食スペースもモダンで素敵。

感想

ニューヨーク市立博物館は中規模の博物館で、私は1時間ほどで見終わりました。

METMoMAとは異なり、見学者は多くなく、話している人も少なく、館内はとても静かでした。

子連れの観光には向かないかも。

mint
小さいお子様連れならMETがおすすめ。

ニューヨークの歴史に興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ニューヨーク市内の博物館・美術館

【NY在住者が解説】アメリカ自然史博物館の見どころ・混雑・レストラン
【NY在住者が解説】メトロポリタン美術館の見どころ・混雑状況・注意点
【NY在住者が解説】MoMA(ニューヨーク近代美術館)の見どころ・混雑状況

\他にも色々書いています/

ニューヨーク生活の呟き