餌やり体験もできる!NYセントラルパーク動物園の見どころ

セントラルパーク動物園は、その名の通り、ニューヨークのセントラルパークの中にある動物園です。この記事では、

  • アクセス
  • チケットの買い方
  • 見どころ
  • 餌やりコーナー

などについて紹介していきます。

アクセス

セントラルパークは、ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区にあります。

動物園への入り口は、パーク南東部の角あたりから”パーク・ロード”を通って行くとわかりやすいです。

地下鉄の最寄り駅はN/R/Wラインの“5 Av/59 St”駅(徒歩3分)

セントラルパーク動物園の入口

ゲートを通過すると左にエントランス、右にチケットセンターがあります。

チケットと入場料

チケットの買い方

チケットは有人カウンターで買えるほか、カウンター目の前にある自動券売機や、オンラインで事前購入することもできます。

セントラルパーク動物園の入場料
チケットカウンター

オンラインの場合は、公式サイトから以下の流れで購入できます。

  1. “BUY TICKETS”
  2. ADMISSION TICKETSの”BUY NOW”
  3. 人数を選んで”SELECT DATE & TIME”
  4. 日時を決定して”ADD TO CART”
  5. “CONTINUE WITHOUT MEMBERSHIP”
  6. “CHECK OUT”
  7. 氏名、メールアドレス、電話番号を入力
  8. “I’ve read and agree to all the Terms & Conditions”にチェックを入れる
  9. “CHECK OUT”

料金

2024年5月現在の入場料は以下の通り。

大人(13~64歳)$19.95
シニア(65歳以上)$16.95
子供(3~12歳)$14.95
乳幼児(0~2歳)無料

専用のメガネをかけて立体的なムービーや仕掛けを楽しむ、4Dシアターの料金込み。

また、 NYC在住者はID NYCのメンバーシップ特典を利用してWCSの年間会員になることで、 ブロンクス動物園・ セントラルパーク動物園に無料で入場できます。

見どころ

園内のマップはこちら(公式)

セントラルパーク動物園の園内地図
出典:Central Park Zoo

アシカ

エントランスを入り右へ進むと、アシカ(Sea Lions)の大きな水槽があります。

セントラルパーク動物園のアシカ

ここは広場のようになっていて、水槽の周りに座ってのんびりくつろいでいる人も。

飼育員さんによる餌やりイベントは、11:30、13:30、15:30の3回あります。

ペンギン・海鳥・アザラシ

さらに先に進むと、ペンギン(Penguins)海鳥(Sea Birds)がいる建物があります。

ペンギンがいる建物

この建物はベビーカー禁止。入口横のベビーカー置き場に停めて入ります。

建物内は暗く、ガラス越しにたくさんのペンギン。水の中も見える仕様になっていて、泳いでいる姿がよくわかります。

セントラルパーク動物園のペンギン達

餌やりが見られるのは10:3014:30です。

屋外にはHarbor Seals(アザラシ)もいます。

ハイイログマ

ペンギンの建物のすぐ先には、ヒグマの亜種であるハイイログマ(Grizzly Bears)がいます。

セントラルパーク動物園のハイイログマ

このエリアに行くためには階段を通ります。
ベビーカーや車椅子の場合は、Temperate Territoryを通過して回り込むようにすると段差ナシ。

Tropic Zone

Tropic Zone(南国エリア)の建物では、カラフルな南の島の鳥、キツネザル、マングース、ヘビ、コウモリ等を見ることができます。

Tropic Zone

建物の中に南国が再現されています。暑い!

Tropic Zone内部

この建物もベビーカー禁止。入口横のベビーカー置き場に停めて入ります。
また、建物内は階段があります。

Temperate Territory

Temperate Territory(温帯地域)には、Snow Leopards(ユキヒョウ)Red Pandas(レッサーパンダ)Snow Monkeys(雪猿)など珍しい動物がたくさん。

mint
セントラルパーク動物園の一番の見どころ。

セントラルパーク動物園の雪猿

また、ツルやカモなどの鳥類や、大きなカメもいます。

Tisch Children’s Zoo

65th St.(65ストリート)を挟んで位置するTisch Children’s Zooは子供向けの動物園ですが、大人も楽しめます。

mint
見逃しがちな場所にあるので注意。一度動物園を出て、またチケットを見せて入ります。

奥にあるふれあいコーナーでは、ヤギや羊に自分で餌をあげることができます。

手洗い場で手を洗ったら、50セントでエサを買います。

セントラルパーク動物園の餌やりコーナー

25セント硬貨が2枚必要。1ドル札からの両替機が横にあります。

セントラルパーク動物園のヤギたち

餌やりができるのは14時までなのでお早めに。

また、Children’s Zooには、子どもが遊べるSpider Netがあったり

ウサギやカメになりきって記念写真を撮れたり

ウサギになって記念写真

カメになりきって記念写真

子供も飽きずに動物園を楽しめるようになっていました。

フードコート

南側にあるDancing Crane Cafeでは、チキンクリスピー、ホットドッグ、フライドポテト、サンドイッチ、スナック、飲み物などがセルフサービス形式で売られています。

外のIntelligence Gardenで食べることができます。室内席もあり。

フードコート

まとめ

小規模な動物園ですが、このくらいの広さがむしろ丁度いいかも。

食事込みで、見学所要時間は2時間ほどでした。

mint
ニューヨーク観光の途中にふらっと立ち寄れる立地と規模。

混雑で困るということもなく、快適に見学できました。

セントラルパーク内の観光スポット

【NY在住者が解説】セントラルパークに何がある?絶景スポットと歩き方
【NY在住者が解説】メトロポリタン美術館の見どころ・混雑状況・注意点

周辺観光スポット

【NY在住者が解説】MoMAの見どころ・混雑状況(ニューヨーク近代美術館)

ニューヨークの動物園

世界最大級・ブロンクス動物園の見どころ。絶対に外せないアトラクションとは

\他にも色々書いています/

ニューヨーク生活の呟き